読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TKのブログ

三兄弟の父。料理、音楽、ディズニー。脈絡もなくつらつらと。

ディズニー旅行記

昨年末のディズニーの話。

 

f:id:tk1984:20170214233754j:image 

 

相変わらずオリエンタルホテル東京ベイに軸足を置き、それはそれは楽しいディズニー三昧の旅になったはずでした。

 

はず?

 

まー、色々ありまして。

 

まず、次男坊がちょっと体調不良で救護室に行ったんです。

 

 

その時のお話。

 

まず妻、次男坊、三男坊は救護室に待機。長男坊と僕は、せっかく取ったファストパスを消費しなければって事で、プーさんのハニーをハントしてきまして。

 

f:id:tk1984:20170214233934p:image

 

次男坊には申し訳なかったですが、長男坊と二人きりのディズニーも楽しかったです。

 

で、その後の相談なんかもあったんで、とりあえず1回救護室に帰ったんです。

 

 

そしたらなんか泡食ったキャストさんに名前を聞かれたので、「TKです。」と答えたんですね。


したらなんか、見るからに偉い人出てきまして。

 

 

 

 


「この件の担当の〇〇です。この度は…」みたいなノリで名刺よこすんで、

 

次男坊救急車で運ばれたかな!?って思って、こっちもブクブク泡食ってたんです。

 

 

 

したら人違いで。

 

f:id:tk1984:20170214175144p:image


TKの苗字、確かに日本でトップ10には入ってくるよねーってくらいありきたりなので、ありえない話ではないのかもしれませんが、まさかここで!?って感じでした。ホント心臓に悪い。

 

そして、偉い人の名刺はスーパーレアカードらしく、人違いとわかったら即強奪されました。「返してくださいっ!」って。

 

お前が勘違いして、渡したんじゃないんかい?

 

Hannya!

 

なんか感じ悪いな(怒)って思いましたが、次男坊が心配だったんで、とりあえず病室へ。

 

 

 

したらなんか隣から唸り声が聞こえて。成人男性の。

 

そもそもその成人男性、仮に哲さんとしましょうか。四つん這いで彼女に自分の辛さを訴えてるんですが、病室のカーテンが全開なんです。オープンリーチなんです。

 

ってことで、こちらの意思とは無関係に会話がガンガン聞こえてきて。

 

 

坊や哲「おれはもうだめだ。」

 

彼女「大丈夫ー?」

 

坊や哲「多分インフルエンザだ。もうだめだ。」

 

f:id:tk1984:20170214184141p:image

 

坊や哲「お前東京駅から新幹線乗って帰れ。」

 

坊や哲「おれは救急車で帰るから。

 

 f:id:tk1984:20170214190043j:image

toei-anim.co.jp

博打打ちは嘘をつくんだ(阿佐田哲也)

 


いやいやいやいや。救急車でどこに帰るのよ!?

 

なんかすごい事言ってるよ!?行きは新幹線、帰りは救急車。これな〜んだ?みたいな?

 

だいたいそれ、初乗りいくらなのさ!?

 

なかなかぶっ飛んでらっしゃって、じゃなくて印南っぽいなーなんて思ってたら、うちの坊や。じゃないや、次男坊超元気になってて。

 

f:id:tk1984:20170214190216j:image

toei-anim.co.jp

 

とりあえずよかったよかったって事で、キャストさんにお礼を言い(名刺の件は正直「はぁ?」って思いましたが、看護師さん、薬剤師さんにはホントに良くしていただきました。ありがとうございました。)、少し遊んでから、救護室で頑張った分、いつもより余計にお土産を買ってホテルに帰りました。


買ったものほとんど全部ホテルに売ってたので、

 

f:id:tk1984:20170214190447j:image

 

って感じでした。

 

 

次の日からは、すっかり良くなった次男坊も含め、前日の分を取り戻すべく、家族みんなで目一杯楽しみました。

 

f:id:tk1984:20170215000935j:image

 

f:id:tk1984:20170215001429j:image

 

 f:id:tk1984:20170215001740j:image

 

 

 

が、その後帰りの車で妻が倒れ、翌日から長男坊、僕、三男坊と立て続けに倒れました。

 

 

インフルエンザで。

 

 パンデミックですよ。もう。ホントに。

 

 

 

 

 

 

哲め。

 

 

 

救急車でもなんでも乗って、さっさと国へ帰れ。

 

HEY-SMITH 「Endless Sorrow」

広告を非表示にする